Clinical Tests

Clinical Tests

The Arch Index

リラックス両脚立位のフットプリントをとる。フットプリントの踵の最後部から第2指先端までの長軸ラインを描き、指を除いた踵から足底部先端までのラインの長さを3等分する。長軸ラインの3等分の位置に直角に交わる横軸ラインを2本描いて足底部を、前(A)・中(B)・後(C)に分ける。プリントされた足底部全体の面積(A+B+C)に対する中の面積(B)の大きさが指標となる。
Arch index = B/(A+B+C)
足に無症状の人では平均0.23(平均年齢30歳)と報告されている。数値が少ないほど高アーチで、数値が高いほど低アーチを示す。

  1. Cavanagh PR, Rodgers MM. The arch index: a useful measure from footprints. J Biomech. 1987;20(5):547-51.
  2. Menz HB et al. Visual categorisation of the arch index: a simplified measure of foot posture in older people. J Foot Ankle Res. 2012 Jul 3;5(1):10.

Feiss Line

足を床に置いた非荷重時と荷重時に、脛骨(内踝)後縁最下端の角(A)から第1中足骨頭が足の内側に突出している部位の最も低い点(B)のまでのラインを描く。舟状骨結節(tubercle of scapoide, C)にマークする。舟状骨(C)からラインA-B上で直角に交わるようにラインを描く。舟状骨(C)からラインA-Bまでの距離により評価する。

  1. Feiss HO. A simple method of estimating the common variations and deformities of the foot. Am J Med Sci. 1909, 138(2): 213-230.

Longitudinal arch angle

リラックス両脚立位で、内踝の中央、舟状骨粗面、第1中足骨骨頭にマークする。内踝の中央ー舟状骨粗面を結ぶラインと、舟状骨粗面ー第1中足骨骨頭を結ぶラインの交わる角度を評価する。健康な人の角度は140度程度である。130度から150度が標準的な角度で、130度未満は回内足で、150度より大きい場合は回外足であることがおおい。

  1. Dahle LK et al. Visual assessment of foot type and relationship of foot type to lower extremity injury. J Orthop Sports Phys Ther. 1991;14(2):70-4. [first reported]
  2. Sommer HM, Vallentyne SW. Effect of foot posture on the incidence of medial tibial stress syndrome. Med Sci Sports Exerc. 1995 Jun;27(6):800-4.
  3. McPoil TG, Cornwall MW. Use of the longitudinal arch angle to predict dynamic foot posture in walking. J Am Podiatr Med Assoc. 2005 Mar-Apr;95(2):114-20.

Normalized Navicular Height (Truncated)

リラックス両脚立位で床から舟状骨粗面までの距離(舟状骨高H, mm)を測定する。次に、後足部(踵)の最も後ろから第2指先端に至る長軸ライン上で第1中指節関節のレベルで直角に交わる交点までの距離(足長L, mm)を測定する。舟状骨高足長で除すことにより、対象者の足の大きさの違いを標準化できる。
Normalized navicular height (truncated) = H/L
*足長をで舟状骨高を補正しない測定を「Navicular Height」と言う。

  1. Menz HB. Alternative techniques for the clinical assessment of foot pronation. J Am Podiatr Med Assoc. 1998, 88(3):119-29.
  2. Murley GS et al. A protocol for classifying normal- and flat-arched foot posture for research studies using clinical and radiographic measurements. J Foot Ankle Res. 2009, 4;2:22.

Pelvic Angle

立位で、上前腸骨棘と上後腸骨棘とを結ぶ矢状面上での傾き。

  1. Gilliam J. Relationship of the pelvic angle to the sacral angle: measurement of clinical reliability and validity. J Orthop Sports Phys Ther. 1994 Oct;20(4):193-9.

Supination Resistance Test

リラクス両脚立位で、検者の第2・3指の指腹を舟状骨の下(足底部)内側1/2に置く。次に、検者の2本の指で舟状骨を引き上げる。通常は小さい力で距骨下関節を回外させられるが、扁平足では舟状骨を引き上げるのに大きな力が必要となる。

  1. Kirby KA, Green DR. Evaluation and Nonoperative Management of Pes Valgus. pp. 295-327. in Foot and Ankle Disorders in Children (ed. Steven DeValentine), 1992. Churchill Livingstone, New York. [first reported]